理念・ビジョン

Nagasyoの理念・ビジョン

私たちは経営理念を非常に大切なものと考えています。Nagasyoグループが何のためにこの世に存在し、どのように世の中のお役に立つのか?そして、これからどんな未来を創っていくのかをメンバー全員で共有し、力強く歩み続けていきます。

経営理念
価値・感動を伝え、「ありがとう」をケータイする人で溢れる世界を創ります
ビジョン
コミュニケーションで未来を変える
使命
仕事を通じ働く意味と本質を学び、自分自身の価値に気づき、人間的成長を実感する。
私たち社員全員が物心ともに豊かになり、関わるすべての人々と共に真の幸せを手に入れます。

行動指針

  • 私達は、会社とともに未来を開き続けます。
  • 私達は、会社に関わる全ての人々に心からの「ありがとう」を広め続けます。
  • 私達は、常にお客さまに感謝し、真心をこめた最高のサービスを提供し続けます。
  • 私達は、逆境に悲観せず、順境に楽観せず、常に可能性を信じ、常に前進し続けます。
  • 私達は、チームNagasyo一人ひとりの個性と才能を重視し、お互いに尊敬し続けます。
  • 私達は、社員一人ひとりが心身ともに幸せになる事が地域社会を豊かにしていくと信じ、元気に輝き続けます。

創業の精神

多額の借金の返済のため、13歳の頃から工場でひたすら働き続けてきた父。
そして、幼くして両親を失い、親の愛情や温もりを知らずに育った母。
そんな二人の間に、私は長男として生まれました。
我が家には物やお金はありませんでしたが、父の背中からは、誰かのためにひたむきに努力する『意志の力』を学び、母からは海のように広く深い『与える愛』の尊さを教わりました。

創業当時の私は、幼いころの貧しさを味わいたくない一心で、売上、儲けにこだわり、損得のみを考えながら必死で24時間働き続けました。
売上や業績が上がる反面、多くの社員さんが会社を去り、家族の気持ちでさえ解ろうとせず、気づかぬうちに心はバラバラに離れていきました。

そんなある日、私達のお店にある親子がご来店されました。
その年の春に就職と結婚が決まり、都会へ旅立つ娘さんとお母さんでした。
娘さんの機種変更のご予約を承った際に、娘さんとの連絡用にと生まれて初めて携帯電話を持ってみたいということで、お母さんのケータイも一緒にご予約いただきました。

数日後、商品は入荷しましたが、ご来店されたのはお母さん一人だけでした。
聞くと、ご来店頂いた数日後に娘さんが交通事故で亡くなった事を聴かされ、私はその場で絶句いたしました。

「娘のケータイを私がそのまま使いたい」
「メールが使えるようになりたい」

涙ながらにそう言われるお母さんの心の声は、

「娘がお世話になったすべての方へ早く報告しなければならない。そして、出逢ってくれて“ありがとう”を一人ひとりに伝えたい。」

そう伝わり、涙が溢れました。

私は、売上げや儲けのことを忘れ、お母さんの力になりたい一心でメールの使い方をお教えさせていただきました。

どんなお客様でもご来店される目的は、何かの問題を解決したい思いや、期待を実現したいという想いを抱いていることを教えてくれました。何よりも、忘れかけていた両親の教えにも気づかせてくれたその親子に心から感謝しています。

父のように“誰かのために愚直に努力する”こと、母のように“愛を与え続けていく”念いをこれからもずっと大切にし、関わるすべての人々に幸せを与え、「ありがとう」を溢れさせる『人』に成長し続けて参ります。

Copyright © 2011-2018 Nagasyo All Rights Reserved.